ピアノオーバーホール

ピアノ技術センターではピアノのオーバーホールを承っております。
オーバーホールとは可能な限り分解をし、細部のクリーニング、点検、消耗部品の交換を行います。


ピアノ工房の様子

ピアノはオーバーホールを行う事で本来の性能や音色を取り戻す事が可能です。
ピアノのオーバーホールは原則、ピアノ工房内で1,2ヶ月間お預かりして作業を行います。


フレームの吊り上げの様子


フレームが外された後のグランドピアノの響板の様子


外されたフレームの裏側

主な交換部品は
・ミュージックワイヤー(弦)
・低音部巻線
・チューニングピン
・アクション内部の各種フェルト類
・ハンマーフェルト
・センターピン
等、ピアノに応じて様々です。


低音部の巻線の張弦


鍵盤の研磨の様子


鍵盤小口研磨後の違い


バランスピンの研磨

Comments are closed